永代供養にするメリット

###Site Name###

永代供養とは、お寺が永代にわたり供養と管理をしてくれることです。

何らかの理由でお墓参りに行けなかったり、参る人がいない場合、永代供養墓にすれば、お寺が責任を持って供養、管理してくれます。


他の人と一緒の墓、もしくは同じ納骨堂になることが一般的で、合同墓や合祀(ごうし)墓、また合葬式納骨堂などと呼ばれます。
それでは、永代供養にするメリットはどういったことでしょう。
まず、お墓参りをしなくてもいいということです。



子供がいない、子供が嫁いだなどでお参りができない場合や遠くにお墓があって行けない場合、安心してお寺に任せることができます。

信頼性の高いエキサイトニュース情報のことならお任せください。

そして、墓石代がいらないので費用が安くなります。

お寺によって費用は違いますが墓石代や、お布施、寄付、法事などにかかる費用に比べればトータルすると安くなります。

納骨方法などによって10万円から100万円くらいまであります。

お手軽さが魅力の埼玉の永代供養の情報サイトへお越しください。

宗派が問われないのもメリットです。
(問われるところも一部あります)少子化の時代、違う宗派のお墓を管理しなくてはいけない場合も出てくるでしょう。

自分たちの子供に負担をかけたくない、死後が心配、お墓の制度にこだわりがない、などの理由で永代供養を選択する方が増えています。
少子化、核家族化が進んでいる今、これからますます永代供養にする方は多くなるでしょう。

永代に供養をしてもらうお寺を慎重に選ぶことは必要になりますが、死後を心配せず今を楽しむために準備をしておくという選択があってもいいのではないでしょうか。